2017年11月1日水曜日

11/19 新医協第70回全国研究集会のお知らせ

新医協が主催する第70回全国研究集会が11月18日(土)~19(日)に行われます。 
新医協鍼灸部会分科会を下記の内容で行いますので、是非お気軽にご参加ください。
 
〇日時:11月19日(日)12:00~13:30   
〇会場:東京労働会館 地下 小会議室

1966年に発足した新医協鍼灸部会は、若手鍼灸師を育てる鍼灸臨床講座をはじめ、ボランティア活動、東洋医学古典研究活動など、さまざまな活動を行なっております。その活動内容について、一部ではありますがご紹介いたします。

講演 ヒマラヤ・ネパール“バラ摘み&鍼灸治療”ボランティア  
                                               佐藤啓二氏(さとう鍼灸整骨院・大阪)
報告 古典研究活動  宮下宗三氏(東京支部鍼灸部会 学術部長) 
報告 青年部活動  手塚幸忠氏(東京支部鍼灸部会 副会長/青年部担当)

●参加費 新医協会員2500円/一般3500円/学生1000円(2日間込み)
●お申込み・お問合せ 新医協東京支部鍼灸部会事務局 松本武士まで

お名前・人数・所属・ご連絡先をお知らせください。
TEL 03-5848-3884 Eメールbukai-jmk@nukui-hari.info

新医協鍼灸部会広報部
http://shinikyo-shinkyu.com/

2017年2月17日金曜日

鍼灸臨床講座 第34期受講生募集開始!無料説明会のお知らせ

5月開講!全10回(毎月第3日曜) 
臨床力を高め、独立開業できる鍼灸師へ
日本の伝統鍼灸である経絡治療を基本に、脈診と東洋医学的な身体所見の診方をしっかり学び、幅広い病態に対応できる臨床的な理論と技術の習得が、当講座のテーマです。34年の実績を誇るカリキュラムのもと徹底した少人数制で、「臨床力の高い信頼される鍼灸師」を育成。受講終了後の独立開業をめざします。基礎から学びたい有資格者はもちろん、卒業後すぐに開業をめざす鍼灸学生もふるってご参加ください。
お気軽に下記の無料説明会にお越しください。講座内容の疑似体験や詳しい内容をご説明します。(事前予約が必要です。事務局までお申込みください)

無料説明会
〇日時:4月23日(日)13時~16時
〇会場:おおとり会館 JR大森駅東口徒歩5分 大田区大森北1-15-12
〇内容:
<講   義> 「患者さんから信頼を得るための、東洋医学的身体所見の取り方」
        「脈診の臨床での活用法」
 
<実技公開>  脈診を用いた全身治療の実際
<実技体験> 「脈診」と「撚鍼法」による刺鍼の体験

詳細は http://shinkyurinsho-kouza.com

無料説明会の申込・お問い合わせ
新医協鍼灸臨床講座 事務局
E-mail: info.kouza@gmail.com
FAX: 044-722-6995

2016年10月17日月曜日

11/8 新医協鍼灸部会分科会のお知らせ

新医協が主催する第69回全国研究集会が11月5日(土)~6(日)に行われます。 
新医協鍼灸部会分科会を下記の内容で行いますので、是非お気軽にご参加ください。
 
〇日時:11月8日(日)13:20~16:30   
〇会場:南大塚地域文化創造館

各地の第一線で活躍するベテラン鍼灸師が、国民のなかに鍼灸治療を広めるために、地域に密着して様々な努力を重ねてきました。患者の治療と治療院の経営を図るために奮闘してきた力とは何か。その基礎となる信念、教育、経験を学ぶ今回の分科会は、若手鍼灸師にとって貴重な場となるでしょう。

〇「鍼灸師として食べていくには―網膜裂肛の症例を通して考える―」 小出雅賀氏(小出鍼灸治療院・千葉)
〇「小野文恵先生から学んだこと」 大畠良則氏(方圓堂・東京)

〇「20年に渡る北京短期研修と伝統鍼灸の教育」 武藤純一氏(武藤鍼灸指圧治療所・群馬)
〇「開業して40年の鍼灸治療について―宇都宮での試み―」 荒井浩司氏(東洋鍼灸院・栃木)

〇「キューバでの鍼灸治療について」 高橋養蔵氏(高橋はり、きゅう指圧治療院・東京)
〇「鍼灸治療普及のために―臨床の中での患者動向―」 佐藤啓二氏(さとう鍼灸整骨院・大阪)
〇特別報告「保健師からみた鍼灸治療について」 田村道子氏(朝霞市保健師・埼玉)


●参加費 新医協会員2500円/一般3500円/学生1000円(2日間込み)
●お申込み・お問合せ 新医協東京支部鍼灸部会事務局 渋谷武士まで

お名前・人数・所属・ご連絡先をお知らせください。
TEL 03-5848-3884 Eメールbukai-jmk@nukui-hari.info

新医協鍼灸部会広報部
http://shinikyo-shinkyu.com/

2016年6月1日水曜日

「医学古典の読み方基礎講座 3週間短期集中( 全3 回)」のお知らせ

医学古典を読むために必要な漢文の文法や文献研究の常識を、3週間で一通り学ぶことができます。古典からは鍼灸臨床に役立つ様々な情報を得ることができ、 しっかりとした読解力が身につければ、対応可能な症状の幅も広がっていきます。当講座で学べることは、鍼灸師として一生役に立つ技術になりますので、是非 この機会にご参加下さい。

〇日時 ※3週間、全3回の短期集中講座です。
第1回:6/29(水)  第2回:7/6(水)  第3回:7/13(水)
時間:19時~20時30分


〇内容
第1回:動詞目的語構造・主述構造・並列構造、校勘学基礎・文字学基礎
第2回:修飾構造・前置詞構造・使役形・疑問文・受動文、訓詁学基礎・音韻学基礎
第3回:仮定文・否定文・数量・転折文・譲歩文、校勘学基礎2・工具書紹介

〇講師
宮下宗三氏
北京大学へ留学後、「成鍼堂治療院」院長として鍼灸臨床に従事する傍ら、新医協東京支部鍼灸部会学術部長、日本伝統鍼灸学会理事を務める。中国伝統医学の古文献の研究から鍼灸臨床へ活かした応用力には定評がある。

〇受講料
新医協会員:10,000円  一 般:14,000円
※全3回分 当日会場にてお支払い下さい。

〇会場
喫茶室ルノアール・マイスペース
銀座マロニエ通り店 会議室7号室
【交通案内】
 日比谷線「銀座駅・東銀座駅」
 有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩4分
【住所】
 中央区銀座3-9-4銀座草野ビル4階

〇お申込み・お問い合わせ
メール:2016kouza@ikobun.com または
ウェブサイト:http://ikobun.com からお申込みください。
※お申込みはメールかウェブサイトでのみ受付いたします。お申込後、24時間以内に受付完了のメールが届かない場合は、迷惑メールフィルタ等の受信設定をお願い致します。

〇締め切り
6 月26 日(日)
定員18名の先着順となりますのでお早めにどうぞ。


2016年4月8日金曜日

鍼灸臨床講座無料説明会のお知らせ






5月から開講する第33期鍼灸臨床講座の受講生を募集します。
無料説明会を行いますので、お気軽にご参加ください。
〇日時:4/24(日)13時~16時
〇会場:おおとり会館
    JR大森駅東口徒歩5分 大田区大森北1-15-12
〇内容:
  <理論編>東洋医学の身体観
   脈診の臨床への活用法
  <実技編>講師による経絡治療の実技披露
   脈診と撚鍼による刺鍼の体験
〇申込方法・お問い合わせ、詳細は下記サイトをご覧ください。
http://shinkyurinsho-kouza.com/

意欲ある方のご参加をお待ちしております。

新医協鍼灸部会広報部
http://shinikyo-shinkyu.com/

2015年10月20日火曜日

【特別講演】現代中国針灸学の形成に与えた日本の影響・・・新医協全国研究集会のお知らせ

新医協が主催する第68回全国研究集会が11月7日(土)~8(日)に行われます。 
8日(日)に行われる鍼灸部会特別講演では、中国科学史研究の第一人者でいらっしゃる真柳 誠先生(茨城大学人文学部 教授)をお招きして、現代における中国と日本の鍼灸の特徴や立ち位置について改めて考える機会にしたいと思います。
 【特別講演】 
「現代中国針灸学の形成に与えた日本の影響」
 

〇日時:11月8日(日)13:20~16:30  
〇会場:東京労働会館ラパスホール(大塚駅より徒歩5分)  
〇講師:茨城大学人文学部 教授 真柳 誠先生

中国では清の1822年に太医院の針灸科が廃止されて以来、針灸はほとんど民間療法になっていた。一方、日本では明治維新以降、西欧医学を導入して伝統医師の根絶策を進めたが、針灸だけは近代医学も教育した針灸師の形で存続し、科学研究もなされてきた。伝統が途絶えていた中国は、これゆえ日本に大きな刺激と影響を受けたのだった・・・その門下が1956年から各地に設立された中医学院で教鞭にあたり、60年に刊行された中医学院の第一版統一教材も編纂している。現代中医学の黒核はこの第一版教材で築かれており、いま日本と中学の針灸医学に湯液ほどの祖語がないのは、この歴史経緯が背景にある。

その他、鍼灸領域プログラムの一般演題
○目を動かす神経が鍼灸で治った例 中山かおり氏
○腎臓障害と耳 安部深穂氏

●参加費・・・チケットは2日間有効です
学生1000円/会員2500円/一般3500円

●参加申し込み・お問い合わせ
TEL&FAX:03-3358-0534(新医協鍼灸部会事務局 松本)
Mail:shinq-bukai-jimukyoku06@pop.707.to
お名前・人数・所属・ご連絡先をお知らせください。

新医協鍼灸部会広報部
http://shinikyo-shinkyu.com/ 

2015年5月21日木曜日

「医学古典の読み方基礎講座」開講のお知らせ




医学古典を読むために必要な漢文の文法や文献研究の常識を、3週間で一通り学びます。古典からは鍼灸臨床に役立つ様々な情報を得ることができ、しっかりとした読解力が身につければ、対応可能な症状の幅も広がっていきます。当講座で学べることは、鍼灸師として一生役に立つ技術になりますので、是非この機会にご参加下さい。

〇日時
第1回:6/17(水)  第2回:6/24(水)  第3回:7/1(水)
時間:19 時~20時30 分

〇内容
第1回:動詞目的語構造・主述構造・並列構造、校勘学基礎・文字学基礎
第2回:修飾構造・前置詞構造・使役形・疑問文・受動文、訓詁学基礎・音韻学基礎
第3回:仮定文・否定文・数量・転折文・譲歩文、校勘学基礎2・工具書紹介

〇講師
宮下宗三氏
北京大学へ留学後、「成鍼堂治療院」院長として鍼灸臨床に従事する傍ら、新医協東京支部鍼灸部会学術部長、日本伝統鍼灸学会理事を務める。中国伝統医学の古文献の研究から鍼灸臨床へ活かした応用力には定評がある。

〇受講料
新医協会員:\10,000  一 般:\14,000
※全3回分の金額です。当日会場にてお支払い下さい。

〇会場
喫茶室ルノアール 四谷店 貸会議室 3 階A

〇お申込み・お問い合わせ
詳しくは http://ikobun.com をご覧ください。

〇締め切り:6 月14 日(日)